時計のオーバーホール料金について

オメガ時計はオーバーホール料金が高い!

時計(腕時計)は少し前までは学生から社会人まで、ほとんどの層が身につけていましたが、
今では携帯電話によって簡単に時刻が確認できるため、
学生さんで腕時計をつけている人が少なくなってきましたね。

 

そんな中でも高級腕時計は、デザインの美しさや品質の良さ、
そのブランド力から社会人を中心として根強い人気を誇っています。

 

オメガも高級腕時計ブランドの一つですが、
実は「オメガはオーバーホール(定期メンテナンス)の料金が高い」
という話がちらほら見られます。

 

そもそもオーバーホールとは、時計内部の清掃や劣化している部品の交換など
時計を長く使っていくために必須のポイントになります。

 

オメガはスピードマスターやシーマスターなどラインナップが豊富で、
シリーズによってオーバーホール料金がかなり変わってきます。

 

オメガは元々の基本料金が高めに設定されていることに加え、
久しぶりのオーバーホールのときは部品交換をされることが多いので、
さらに金額がかさんでしまうんですね。

 

具体的には、スピードマスターは7万円ほど、
シーマスターは5万円以上かかることもあるんだとか。

出来るだけ安く抑えるには・・・

大切な時計を長く愛用していくためのオーバーホールとはいえ、
できるだけ費用を安く抑えることができれば、それに越したことはありません。

 

先ほどのオーバーホール料金はオメガの正規修理店に依頼したときのもので、
車などでもそうですが、メーカー正規になるとちょっとお高いんですね。

 

では、オメガ時計のオーバーホール料金を抑えるためにはどうすればいいか。
それは、正規以外の時計修理店を利用することです。
オメガ以外の時計修理・メンテナンスもしている業者さんですね。

 

最近では持ち込み以外でもメールフォームによる修理依頼をし
宅配便で現品を送付し、見積もりを取ってもらえるところが増えていますので、
忙しくても簡単にオーバーホールを依頼できます。

 

ただし、中にはきちんと分解・洗浄しない業者もいるようですので
きちんと評判を調べるなど、初めてのお店に依頼するときは注意が必要です。

 

こうした修理店はほとんどが正規の3~5割ほどの料金でオーバーホールが可能なので、
信頼できる技術者さんのいるお店が見つけることさえできれば
オーバーホールにかかる費用をかなり抑えることが出来るんです。

 

▲「スピードマスターの修理店|オメガの腕時計修正・オーバーホール」TOPへ戻る

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ