自動巻き?手巻き?

スピードマスターの自動巻きを手巻きすることはできる?

スピードマスターといえば、オメガ社の生産する腕時計の人気シリーズですが、
手巻きと自動巻き、両方が揃っていますよね。

 

今では電池式やソーラー式など、ぜんまいを回す必要のない便利な時計もありますが、
やはり自分の手で動かしている、という愛着が持てること、味のあるデザインなどから
現在もスピードマスターの手巻きや自動巻きにこだわるユーザーさんは多いんです。

 

手巻きと自動巻きはどちらもぜんまいを巻き、それが戻る力を利用して針を動かしています。
それを自分の手で回すのが手巻き、
腕を動かすときにぜんまいを巻いてくれるのが自動巻きです。
さらに、自動巻きは左右に振ることでぜんまいを回すこともできます。

 

ですが普段あまりスピードマスターを使わず、休日に付けたいなどというときには
自動巻きだと止まってしまいそうですよね。
でも大丈夫。
自動巻きでも手巻きのようにリューズを回すことでぜんまいを巻けるんだそうですよ。

 

スピードマスターは手巻きと自動巻きで大きさが多少変わるので
そちらの好みで選んでもいいかもしれません。

修理やオーバーホールはどちらが良いのか?

スピードマスターの手巻きと自動巻き、
デザインの差もありどちらがいいか迷うところですが
故障のしやすさやオーバーホールにかかる費用なども
購入を考える上で大事なポイントですよね。

 

オーバーホールはスピードマスターだけで限らず
腕時計を長く使っていくに当たって、数年に一度必要になってくるものですし、
故障する度に修理していては、維持費用もかなりのものになってしまいます。

 

スピードマスターについては、手巻きよりも自動巻きの方が多少故障しやすい
なんて話もあるようですが、ほとんど違いはないようです。

 

また、オーバーホールにかかる費用も
手巻きと自動巻きではほぼ同額、違いがあっても数千円程度とあまり差はないようです。

 

故障のしやすさなどがどうしても気になる場合は、
ネットや周りの購入者さんの口コミを調べてみるとより安心できますね。

 

実際に購入された方の正直な感想が聞けるのが口コミの良いところですが、
かなり個人の主観が入ってくるので、1つの意見に惑わされず
ある程度の数を調べて総合的に評判を確認することが大切です。

 

▲「スピードマスターの修理店|オメガの腕時計修正・オーバーホール」TOPへ戻る

 

 

“自動巻き?手巻き?” への1件のフィードバック

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ