スピードマスターのオーバーホール

スピードマスターをオーバーホールする

スピードマスターをはじめとする腕時計を長く使用するに当たって欠かせないもの、
それはオーバーホールです。

 

オーバーホールとは、定期的に行われるメンテナンスのことで
公式サイトによると、スピードマスターは4年に1度のオーバーホールが推奨されています。

 

特に使い方に問題がなく不調を感じなくても、精密な動きをしている腕時計には
時計内部を清掃して油を注したり、
劣化した部品を交換したりといった作業が必要になってきます。

 

これらのオーバーホールを怠ると、劣化した部品からさらに不具合が広がり、
更には時計の遅れ、針の動きが悪いなどといった不調に繋がりかねません。

 

また、良い時計なので何十年もオーバーホールなしで動くこともあるそうなのですが
久しぶりにオーバーホールすると部品や外装が絶版になってしまっており、
完全な状態には修理できない、なんてことも起こりかねません。

 

大切なスピードマスターを長く使っていくためにも、
定期的にオーバーホールをして常に良い状態の腕時計を使いたいものですね。

オーバーホールの料金に注意!

スピードマスターのオーバーホールで注意しておきたいのが、その料金です。

 

高級腕時計全般に言えることなのですが、スピードマスターもまた
オーバーホールにかなりの料金がかかります。
正規修理店に依頼すると、一度のオーバーホールで5~6万円ほどの料金になります。

 

4年に一度なので、1年に1万円強と考えればそこまでべらぼうに高い金額ではありませんが、
やはり知らずに依頼するとびっくりしてしまいますよね。

 

特に古いタイプのスピードマスターや、
長年オーバーホールしておらず数十年ぶりに依頼するといった場合は注意が必要です。

 

もともとのオーバーホール料金自体が高額だったり、
多くの部品交換が必要になることが予想されるので、通常のオーバーホール
(防水機能の点検や分解しての掃除、油注し、劣化しやすい部品の交換など)よりも
料金が割り増しになってしまうことがあるようです。

 

オーバーホールを定期的に行うことによって、
故障などによる急な出費といったリスクも最低限に抑えることができるんですね。

 

スピードマスターオーバーホールの料金相場について

 

▲「スピードマスターの修理店|オメガの腕時計修正・オーバーホール」TOPへ戻る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ