スピードマスターを修理に出す方法

スピードマスターを扱う修理店への依頼方法

あなたの持つスピードマスターがどこか調子が悪いとき、あなたはどうしますか?

 

せっかくの高品質の腕時計、使い捨てではなく修理を考える方が多いと思いますが
修理にも正規修理店への依頼する場合と、
ネットなどでスピードマスターを扱う修理店へ依頼する場合があります。

 

スピードマスターを含む腕時計の修理は、正規以外の修理店の方が割安になることが多いので
そちらを利用する方も多数いらっしゃるそう。

 

では修理店では、どのような手順で修理が行われるのでしょうか。

 

お店によって多少の違いはありますが、まずはメールで修理を依頼し、
不具合内容から推察される簡単な見積もりを取ってもらうことが多いようです。
ここまでは、ほとんどの業者が無料で行ってくれます。

 

その後、スピードマスターを修理店に送付し、実際に不具合を確認してもらい
正式な見積もりが送付されます。

 

問題がなければ、そのまま修理⇒代金入金⇒返却となることが多いようです。

 

ほとんどのお店がスピードマスターなど、高級腕時計の修理を専門としていて、
細かく作業内容や料金を公開しているところも多いです。

 

直接出向くことなく依頼から修理後の受け取りまで完了するので
多忙な方でも手軽に修理を依頼することが出来ます。

メーカー正規修理店への依頼方法

では、もう一つの方法であるオメガの正規修理店へ依頼する場合は
どのような手順を踏む必要があるのでしょうか。

 

基本的な手順は修理店とほとんど変わりがなく、

 

依頼⇒時計送付⇒見積もり⇒修理⇒返却

 

という順で修理が進みます。

 

こちらもネットで申し込み出来、時計送付も専用のキットが送られてくるそうで
家にいながら修理を依頼できるという店はどちらも同じようです。

 

メールでの見積もりがない点、料金を返却時の代金引換で支払う点が
正規以外の修理店と異なる点でしょうか。

 

見積もりが気軽に取りにくい印象ですが
公式サイトにおおよその修理価格が掲載されていますので、
修理店の見積もりと比較する参考になるかと思います。

 

 

正規修理店では、裏蓋を外す修理内容の場合
電池交換や精度調整、劣化した部品の交換も一緒に行ってくれるんだそうです。

 

ただし、高価な部品を交換した場合はその部品代も料金に追加されるそうで、
最終的に見積もりよりも高くなる場合もあるようです。

 

これを全部しっかりチェックしてもらう良い機会!ととるか、
料金が追加されるのはちょっと・・・ととるかは判断が別れるところだと思います。

 

正規修理店かそれ以外の修理店か、
ご自身の希望する修理プランに合ったお店を選ぶことが大切です。

 

▲「スピードマスターの修理店|オメガの腕時計修正・オーバーホール」TOPへ戻る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ